宇津木式スキンケア マスク標準装備の今、始めてみる

宇津木式スキンケア マスク標準装備の今、始めてみる

この月曜から宇津木式スキンケアを始めました。

ぬるま水と純せっけんで洗顔し、その後は何もつけない。肌への負荷が高いクレンジングや、クレンジングが必要な化粧をしない。乾燥がひどい場合や化粧の下地としては白色ワセリンを使用。こんなスキンケア方法です。

純せっけん

このような化粧水を断つ系スキンケアの存在は以前から知っていました。肌断食とか呼ばれているみたいですよね。でも以前はやってみようとはまったく思いませんでした。

洗顔後、化粧水をつけずに数分経っただけでも乾燥して生きていられないような気持ちになるのに、ずっとつけないなんて考えられない、そんな肌では乾燥しすぎて化粧もできないし、人前に出られない、仕事に行けない、絶対に無理だと思っていました。今思えば、そこまでトラブルに悩まされてなかったからですね。

なのに、今回始めた理由。

それは一ヶ月ほど前から、どんな化粧水も肌に合わなくなっているように感じたからです。

これまでもう10年以上同じ化粧水・乳液を使用してきて、ほとんどトラブルなく過ごしてきました。それが一ヶ月ほど前、新しい化粧下地を試して肌が荒れたのをきっかけに、化粧水がピリピリしみるようになってしまいました。

これまでも化粧水でピリピリ感じることは何回もありましたが、数日もすれば何も感じなくなり、また普通に使えるようになっていました。

しかし今回は数日経っても治らない。肌の荒れもよくならないし赤くなり始めている気がする。問題となった化粧下地は1日でやめているのに。

そこで、評価の良さそうだった敏感肌用の化粧水を購入。使ってみて始めはよかったものの、一週間ほど使用したところで再びピリピリを感じるようになってしまった。

そこで今度は、評価の良さそうだった化粧水のパックを購入。使い始めて2週間ほどは調子がすごくよく、これを使っていれば大丈夫だ! と思ったのも束の間、今度は乾燥が非常に気になるようになった。

乳液が合わないのかな? と思い、今度は化粧水のパックと同じラインの保湿クリームを購入して塗り始めた。が、これがまた合わなかった。塗った直後はしっとりして良いのだが、時間が経つとクリームの効力がなくなってくるのか、肌が赤くなりだす。肌のキメが崩れて炎症のように見える。

完全に悪循環ですね。

なんかもう、何かを塗るのが怖くなってしまいました。別の化粧水やクリームを試してもまた荒れてしまう気がする。もう何を使ってもダメな気がする。どうしよう。

そんなときにふと目にしたのが、宇津木式スキンケアを実践している人の化粧水レビューでした。化粧水をやめた直後は一時的にかなりひどい状況になるが、長期的には改善が見込める、とのこと。

化粧水を塗らないなんて、肌が大変なことになるだろうことは容易に想像がつきます。

でも今ならマスクがある。だからこの一ヶ月の肌荒れも、そこまで精神的に落ちずにやってこれた。荒れている部分は頬より下なので、自然と隠せる。

今ならできる。もうこれしかないと思い、すぐに Kindle で指南書を買ってやり方を確認し、純せっけんと白色ワセリンを買って始めました。

始めて4日目ですが、思ったよりも肌の状況はひどくはないというのが最初の感想です。もちろん化粧水を使っていた頃に比べればかなりひどいですが、自分の想像していた最悪よりもマシ。

「やめた直後は荒れるもの」と事前に認識しておくことが非常に重要ですね。
そして感じるのは、マスクが精神面にもたらす安心感の大きさよ。こんなにマスク社会になっていなければ、絶対に始められなかった。

2つ目の感想は、化粧水や乳液をつけなくて良いのはすごく楽だってこと。やめたことによる乾燥はひどいのですが「ひどくても仕方ないんだ」と思ってやり過ごしていれば良いのは、気持ちが楽です。

これまでは、早く化粧水つけなきゃ! あっもう乳液つけなきゃ! やばい乾燥してるどうしよう! 赤くなってきた! なんで?! どれが原因?! このクリームも塗ろうかな? うわっ悪化した! なんて、心も体もせわしなく動かされていましたが、そういうのに振り回されなくてよくなった。なんて楽なんだ(肌はつらいけど)、という気持ち。

肌の改善まで長丁場になることは覚悟していますが、とりあえず今のところ乾燥はひどいのですが炎症っぽくなっていた赤みは消えました。保湿クリームをやめたから炎症が引いただけかもしれませんが、、

この宇津木式スキンケアは、なかなか効果が現れなくてやめる人も多いようです。ネット上にもいろんな意見が書き込まれています。

が、今のところは、著者の宇津木先生(もともと形成外科医でやけど治療を専門にされていたそう)がおっしゃる肌の自己再生力とこのスキンケアを信じて、よけいな情報は見ずにやっていこうと思います。ただ、人によって、状況によって、多少のアレンジが必要なことは頭に入れておいた方が良さそう。

習慣の力〔新版〕 (ハヤカワ文庫NF)』には、習慣の継続において「信じる力」の有無が結果に影響を及ぼすと述べられています。その点を忘れずにできるだけ穏やかな気持ちで様子を見ていきたいと思います。

▼ 追記:7ヶ月後の効果と実践方法をまとめました。
宇津木式スキンケア 7ヶ月後の効果と現在の実践方法

宇津木式スキンケアの記事
宇津木式スキンケア マスク標準装備の今、始めてみる

宇津木式スキンケア マスク標準装備の今、始めてみる

この月曜から宇津木式スキンケアを始めました。 ぬるま水と純せっけんで洗顔し、その後は何もつけない。肌への負荷が高いクレンジングや、クレンジングが必要な化粧をしない。乾燥がひどい場合や化粧の下地としては白色ワセリンを使用。こんなスキンケア方法です。

宇津木式スキンケア 7ヶ月後の効果と現在の実践方法

宇津木式スキンケア 7ヶ月後の効果と現在の実践方法

2021年3月に宇津木式スキンケアを始めて7ヶ月経ちました。途中で挫折するかなと思っていましたが、現在まで続いているので自分でもびっくりです。今回は7ヶ月やってみて感じられた効果と実践方法をまとめます。

宇津木式スキンケアを続けて1年後の肌状態

宇津木式スキンケアを続けて1年後の肌状態

宇津木式スキンケアを始めて1年が経ちました。もう1年経ったのか、と1年間このスキンケアを続けられたことにびっくりです。今回は、1年後の現在の肌状態と1年の振り返りをまとめました。

宇津木式スキンケア 治らない皮むけの対処法

宇津木式スキンケア 治らない皮むけの対処法

宇津木式スキンケアを始めて1年3カ月が経ちました。この記事では、宇津木式を始めた頃からなかなか治まらなかった皮むけの対処についてまとめました。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV