ベーコンの代わりに豚バラ肉の簡易塩豚が良い

大人になってからハムやベーコンなどの加工肉が苦手になり、料理ではあまり使わなくなってしまいました。

でもベーコンはレシピに出てくることも多く、トマトソースパスタとかもベーコンがないとおいしくつくるのは難しい。。

そこで最近はベーコンの代わりに、豚バラかたまり肉に塩を振って少し置くだけの簡易的な塩豚を使っているのですが、これがなかなか良い感じです。

簡易塩豚
豚バラかたまり肉を切ってから塩を適当に振って全体になじませ、1時間ほど冷蔵庫で置いておく。
直後に使わないものは小分け冷凍しておくと使いやすい

ベーコンの代わりに、豚バラ肉に塩を振って30分〜1時間

きっかけになったのはこちらのレシピです。

カルボナーラをベーコンではなく塩豚でつくるんですが、豚バラかたまり肉を何日も塩に漬けるのではなく、調理前に塩を振って30分ほど置くだけという簡易的な塩豚を使います。

試しにこのレシピでカルボナーラをつくってみたところ良い感じにできたので、日々の夕食でつくっているスープやパスタでもこの簡易塩豚を使ってみたところ、かなり良い味を出してくれています。

こんな感じでしっかり焼き目をつけると、すごくおいしい。焼き目は重要です。

塩豚に焼き目をつける

パンチェッタより楽にできて、良い味が出る

通常の塩豚(パンチェッタ)をつくるには、数日〜一週間ほど手間をかけながら塩漬けにする必要があります。

私も以前つくってみたことがあるのですが、

  • ペーパーを取り替えるのがめんどくさい
  • 塩漬け中は冷蔵庫が結構臭う
  • ハーブをすりこんだためハーブ味が強くなり、おいしいとは言えないできあがり

となったため、「もうやらないな」と思っていました。

が、この簡易塩豚なら塩を振ってちょっと置いておくだけで OK とするものなのですごく楽。

簡易塩豚でつくるスープ
簡易塩豚、玉ねぎ、じゃがいもでスープをつくる

そして、おいしい。

熟成度やうまみは塩豚より劣るのかもしれませんが、つくる手間と味を考えれば簡易塩豚のほうが断然良いと思いました。

スープやパスタなどの味出しには十分な役割を果たしてくれます。

おいしいベーコンがあればベストだと思いますが、おいしいベーコンってなかなか手に入らないですよね。

ベーコンの手づくりは燻製のハードルが高すぎて難しいし。。

市販ベーコンの加工風味が気になる方には、こちらの簡易塩豚おすすめです。

関連記事
夜食スープに使える野菜だしの取り方と、毎日のスープづくり

夜食スープに使える野菜だしの取り方と、毎日のスープづくり

ここ1年ほど、平日の夕食はスープ+白いご飯、もしくはスープのみという生活を続けています。 そこで始めたのが、野菜のだし(ブイヨン、スープストック)を取ることでした。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV