スペイン語の前置詞 por と para の違い(1)基本の考え方と、porの使い方

スペイン語の前置詞の中でも porpara ってすごく紛らわしいですよね。

日本語ではどちらも「ために」の訳をあてたりするので、初心者だとどちらを使えば良いのか迷うケースは多くあります。

今回は、スペイン語の先生に最近くわし〜く習った porpara の意味と使い分けについてまとめます。

最後におすすめの文法書『スペイン語文法ハンドブック』についても追記しました。

目次

基本の考え方

基本となる意味の違い、考え方を端的に言うと、

  • por → 原因、理由、動機 (〜だから)
  • para → 目的 (〜のために)

です。(わかりにくい!)

例文で考えます。

por は、なぜその行動をしたのかの動機・根拠を表します。

¿Por qué lavaste la camisa? 
どうしてそのシャツを洗ったの?

Por la mancha. 
染みがついたから。

para は、何のためにその行動をするのかという目的を表します。

¿Para qué lavaste la camisa? 
何のためにその服を洗ったの?

Para llevarla mañana. 
明日着るために。

一番押さえておくべきなのがこの点かと思います。
が、por にも para にもその他たくさんの使い方があり、それぞれまたややこしいことに似ていたりするので、以下で por と para それぞれの主要な使い方を紹介していきます。

porの意味と使い方(1)原因・理由・動機を表す

意味:〜なので、〜ゆえに、〜のために、〜のせいで、〜のためを思って
El bebé está llorando por hambre.
その赤ちゃんは、空腹で泣いている。

Por caminar tan rápido se cayó.
とても早く歩いたので、彼は転んだ。

No fui a la fiesta por trabajo.
仕事があったので、パーティーに行かなかった。

ここまでの原因や理由を表す por は、英語でいうと because of にあたると考えるとわかりやすいですね。日常的によく使われる用法です。

理由を伝えるときは接続詞の porque を使うこともできますが、porque だと後ろを文章でつなげないといけないので、時制の一致を考えないといけないし、文が長くなり少し堅苦しい印象になります。

por であれば後ろに名詞・動詞(不定詞)を一語つなげるだけで使えるので簡単。日常会話では por の方がよく使われていますね。


Por su familia él podría hacer cualquier cosa.
彼は、自分の家族のためならどんなことでもできるだろう。

Lo hicieron por ti.
君のためを思って、彼らはそれをつくったんだ。
このあたりが冒頭にもお伝えした、para と混同しやすい用法だと思います。

Lo hice por ti. 
君のためを思って(動機)、それをした。
Lo hice para ti. 
君にあげるために(目的)、それをした。

繰り返しになりますが、por動機・根拠para は直接的な目的を表します。日本語だと微妙さがわかりにくいのがやっかいですね。

Lo hizo por dinero. 
彼はお金が原因でそれをしたんだ。
Vengo por verla. 
彼女に会えればと思って(彼女が動機で)来た。

たとえば、以下の2つの文。

1. Él trabaja mucho por su esposa.
2. Él trabaja mucho para su esposa.

両方とも日本語では「彼は妻のために働く」と訳すことができますが、ニュアンスとしては次のようになります。

1. 彼は、妻が原因でたくさん働く。
  
妻が浪費家でたくさんお金を使うので、たくさん働かないといけない。もしくは、たくさん稼がないと妻が文句を言うので、たくさん働く。いずれにしても、彼がたくさん働く動機は妻にある、というニュアンス。

2. 彼は、妻のためにたくさん働く。
  
彼は妻のことを大事に思っているので、純粋に妻のためにたくさん働いている。

日本語で書くとけっこう大きな違いですね。気をつけなくてはいけない使い方かと思います。

porの意味と使い方(2)目標を表す

〜を求めて、〜を探しに、〜を呼びに
Fue al mercado por flores y se le olvidó el dinero.
彼は市場に花を買いに行ったが、お金を忘れた。

Vamos por el pan.
私たちはパンを買いに行きます。

por の中に「買う」「求める」の意味合いが含まれているので、por compar el pan と言う必要はないです。

たぶん comprar を入れても通じると思いますが、ネイティブはこのケースで comprar を言わないので、自分が言われたときにぱっと理解できるよう por el pan の使い方に慣れておくと良いと思います。

porの意味と使い方(3)代理・代替・代価を表す

〜の代わりに、〜と交換に、〜(数量、代金)で
Hablé por todos mis compañeros.
私は、同僚全員の代わりに(を代表して)話した。

Ella vino por su hija.
彼女は娘の代わりに来た。

Quiero cambiar esta falda por una más pequeña.
このスカートをもっと小さいものと交換したい。

La familia vendió su coche por 100,000 pesos.
その家族は車を100,000ペソで売った。
por で、同等の価値があるものを示します。

porの意味と使い方(4)方法・手段を表す

〜で、〜を通して、〜によって
Subimos al tercer piso por el elevador.
私たちは3階までエレベーターで上った。

Lo supe por un amigo.
友人を通じて、そのことを知った。

Mandé el paquete por correo.
その小包を郵便で送った。
移動手段に por を使うのは「もの」のとき。
* Mandaron los paquetes por avión. 
  小包を航空便で送った。
* Traje el árbol por barco. 
  その木を船で運んだ。

人が交通手段を使って移動するときには en を使うので注意。
* Ella llegó a la oficina en taxi. 
  彼女はタクシーでその会社に到着した。
* Regresé a casa en metro. 
  メトロで家に帰った。

Acabo de hablar con tu madre por teléfono.
君のお母さんと電話で話したばかりだよ。
通信手段は por とセットで覚える。
* por internet
* por televisión
* por radio

porの意味と使い方(5)期間、時間帯、漠然とした(あいまいな)時間を表す

〜の間、〜の頃に、〜(の時間帯)に
Mi padre trabajó por muchos años en la empresa.
私の父は、長年その会社で働いた。

Por Navidad nos reunimos cada año todos los miembros de la familia.
クリスマスの頃に、私たちは毎年家族全員で集まります。

Estudio por la mañana y trabajo por la noche.
私は、午前中に勉強して夜に働きます。
メキシコでは、por la mañana, por la noche の代わりに en la mañana, en la noche をよく使います。

Volvieron por el diez de diciembre.
彼らは12月10日頃に帰って来た。

porの意味と使い方(6)経路を表す

〜を通って
Viajaremos a Osaka por Kyoto.
私たちは京都を通って大阪まで旅行します。

El ladrón entró por esta ventana.
泥棒はこの窓から侵入した。
「窓から」だと de を使ってしまいそうですが、「窓から入る」「窓から飛び降りる」という場合には窓を経路と考えるので por を使います。
 * salir por la puerta ドアから出る
 * caer por la ventana 窓から落ちる

porの意味と使い方(7)漠然とした(あいまいな)場所を表す

〜のあたりに
No he viajado por Latinoamérica.
ラテンアメリカのあたりを旅行したことはない。
場所を言うときには en を使ってしまいそうですが、en は限定された、特定された、あいまいではない場所を表します。
 * Nací en Tokio. 東京で生まれた。
 * Te espero en la parada. バス停で君を待つ。

ラテンアメリカは広くて漠然とした場所なので por を使用。
ヨーロッパに、と言うときも同様に por Europa です。
 * por todas partes あらゆるところで
 * por varias zonas さまざまな地域で

¿Hay un restaurante japonés por aquí?
このあたりに日本食レストランはありますか?
日本語でも「このへん」とか「あのへん」とかよく言うように、por aquí, por allí というのはよく聞かれる言い方です。

porの意味と使い方(8)受動文の動作主を表す

〜によって
Esta bella canción fue compuesta por un grupo de cantantes casi desconocidos.
この美しい歌は、ほとんど無名の歌手グループによってつくられた。

El documento fue firmado por el ministro.
その書類は、大臣によって署名された。
この使い方は英語の by にあたりますね。動詞の活用と文脈から受身であることがわかれば、por の意味も迷うことはないと思います。

porの意味と使い方(9)割合・掛け算を表す

〜につき
Nos toca a una manzana por persona.
私たちは1人につき1つのりんごを割り当てられる。

Hay que pagar un diez por ciento de impuesto.
10%の税金を払わなくてはいけない。

El tren corre a unos doscientos kilómetros por hora.
その列車は時速約200kmで走る。
掛ける
Tres por tres son nueve.
3 × 3 = 9

以上が por の主要な使い方です。

経験上、基本を理解した上でスペイン語にたくさん触れていけば、por と para の使い分けは自然とできるようになってくると思います。今は完全にはわからなくても、そんなに心配することはないと思います。

おすすめのスペイン語文法書

por と para の違いのような細かい点までしっかり文法を理解したい方は、『スペイン語文法ハンドブック』という文法書が参考になると思います。

中身はザ・文法書という感じなんですが、por と para の用法ももちろんありますし、名詞、動詞、関係詞... など品詞ごとに、使い方が例文とともに丁寧に詳しく解説されています。

por と para に関しては似ている理由の解説もあり、その他の項目でも「男性単数形の由来」など、なぜそうなっているかの補足説明が多く載っています。

「ハンドブック」なので、最初から読んでいくというよりも、わからないことがあったときに調べる辞典のような感じで使います。

初心者向けの入門書や一般的な教科書には載っていないような細かいことまで載ってるので、文法をしっかり理解しておきたい方、言葉の微妙なニュアンスまで捉えたい方にはおすすめの本です。

ちょっと長くなってしまったので、para の使い方は次回に続きます!
スペイン語の前置詞 por と para の違い(2)paraの使い方


▼ 関連記事

次の記事 前の記事