有元葉子さんのおいしいレシピ おすすめ5選

有元葉子さんのおいしいレシピ おすすめ5選

2年ほど前に有元葉子さんを知り、有元葉子さんの本をいろいろと読みいろいろとレシピを試しました。

今回は有元葉子さんのレシピの中で、私のお気に入りレシピを5つ紹介したいと思います。

どのレシピも難しくなく、誰でもおいしく作れるものです。

目次

鶏のバリバリ

有元葉子さんの鶏のバリバリ

鶏のバリバリ | ちゃんと食べてる?|有元葉子ライフスタイルマガジン

これは正直、めちゃくちゃおいしいです。

鶏肉に下味をつけて揚げ焼きにするのですが、下味がたぶんおいしいんだと思う。

鶏肉の揚げ物っていうと鶏のから揚げが一番に思いつきますが、いつもそれじゃあ飽きるし、「最近も唐揚げやったしな~」というときに選ぶ品。

下味でほぼ味が決まってるので味に関しては絶対に失敗しない。

私はいつも鉄のフライパンで揚げています。油の温度が下がらなくて良いですよ。

このレシピは鶏肉を開いて使うので、平べったいフライパンに油を薄めに注ぐだけでよく、普通の揚げ物ほど油を必要としないのもやりやすいポイントです。

使っているのはこちらの鉄フライパンです。

島本製作所の鉄フライパン26cm 1年半使った感想【最強だと思う】

島本製作所の鉄フライパン26cm 1年半使った感想【最強だと思う】

我が家の現在のメインフライパンは島本製作所の鉄フライパン「味一鉄」26cmです。これ、最強のフライパンだと思います。特徴・使用感・サイズ感をご紹介します。

オーブンで焼くハンバーグ

有元葉子さんのオーブンで焼くハンバーグ

オーブンで焼くハンバーグ | e-gohan

ハンバーグは普通にフライパンで焼くだけだと焼き加減が難しいです。焼きすぎてパサパサになったり、焼けてるか確認するために何度も串で刺して肉汁を流出させたり...。

オーブンを使う有元さん流のハンバーグであれば、難しいことなしで上手に作れます。

ハンバーグは、有元さんレシピのおかげで私が最もおいしく作れるようになった料理かもしれません。

レシピのプロセスは上記のサイトにありますが、作り方の詳細な解説やコツ、おいしく作るための肉の選び方などは、『ふだんの洋食』に載っています。

この有元さん流ハンバーグを作る際は、オーブンと、オーブンに入れられるフライパンが必要です。

私は、アイリスオーヤマの小さなコンベクションオーブンと、ラバーゼの20cmの鉄フライパンを使っています。

鉄フライパンをオーブンに入れてハンバーグを焼く

ラバーゼの鉄フライパンは、オーブンにも入れられるよう柄が金属製で短いのが特徴。

オーブンに入るフライパンであればラバーゼじゃなくても構わないと思います。

このハンバーグのためにオーブンに入る鉄フライパンを買っても後悔しないくらい良いレシピだと私は思う。

ラバーゼの鉄フライパンの使い方、レビューはこちらの記事にまとめています。

ラバーゼの鉄フライパン(20cm)を半年間使用した感想

ラバーゼの鉄フライパン(20cm)を半年間使用した感想

ラバーゼの鉄フライパン(20cm)を購入しました。使い勝手と良かったところ、またデメリットとその対処法をこのブログで紹介します。

豚の生姜焼き

有元葉子さんの豚の生姜焼き

豚肉の生姜焼き | ちゃんと食べてる?|有元葉子ライフスタイルマガジン

豚の生姜焼きはもともと好きでしたが、このレシピを知ってさらに好きになりました。

もう何度も作っています。

レシピは上記のサイトに記載がありますが、『レシピを見ないで作れるようになりましょう』の本に、もう少し丁寧な説明が載っています。

『レシピを見ないで作れるようになりましょう』シリーズの本の内容は、こちらの記事でも紹介しています。

レシピを見ないで作るには。有元葉子さんのレシピ本から得たもの

レシピを見ないで作るコツ。有元葉子さんのレシピ本から得たもの

有元葉子さんの『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』を読み、実践してみて感じた「レシピを見ないで作るコツ」を、本の内容にも触れながら紹介します。このレシピ本を読んで、有元葉子さん流の生姜焼きを始めとしてお気に入りのレシピがいくつもできたし、自分の料理観が変わりました。

なすと牛肉のオイスター炒め

なすと牛肉のオイスター炒め

なすと牛肉のオイスター炒め レシピ 有元 葉子さん|【みんなのきょうの料理】

これもおいしいんですよ~。

なすの炒めものレシピの中で一番好き。味が濃い目で白いご飯がよく進みます。

これもやっぱり下味が良いんだと思います。

なすだと豚肉と合わせることも多いと思いますが、豚となすって結構味が固定化しちゃうというか、味噌味が多いと思うのでありきたりになりがちというか。なので、なすとお肉でちょっと味変えたいな~というときにはおすすめ。

牛肉を使うので豚肉を使うよりコストかかりますが、このレシピは豚肉代用じゃなく牛肉で作るのがやっぱりおいしい。

なすと牛肉のオイスター炒め

なすを素揚げするのがちょっと面倒かもしれませんが、素揚げしたほうが絶対良いです。なすがトロトロになります。

素揚げは中華鍋か、小さめのフライパンを使えば油はそんなに必要ないし、なすをトロトロになるまで焼いたり蒸したりするより時短だと思います。

私はいつも中華鍋で作っていますが、最初に油を入れてなすを素揚げして、その後そのままお肉を投入しています。

なすは油を吸うので、なすを揚げたらちょうど油がなくなるくらいの量で揚げています。油が足りなくなったら少しずつ補充していく形にすれば油もほとんど残らないし、残ったらキッチンペーパーでちょこっとふき取るだけでお肉炒めに入れます。

素揚げ後は中華鍋もかなり熱されていて油もなじんでいるので、お肉を炒めるときもくっつきません。

キャベツと薄切り豚のオイル蒸し

キャベツと薄切り豚のオイル蒸し

キャベツと薄切り豚のオイル蒸し レシピ 有元 葉子さん|【みんなのきょうの料理】

すっごく簡単なのにすっごくおいしい。

キャベツと豚薄切り肉を蒸して、たれをかけるだけ。たれは、しょうがのすりおろし、酢、醤油、豆板醤、ごま油を混ぜ混ぜして作るだけ。

時間がないときにこのレシピで何度助けられたか。

時間がなくて微妙な料理じゃなくて、時間がなくてもおいしい料理ができる。

キャベツと豚肉を蒸すときに使うのは塩とごま油だけなんですが、なぜ、これだけでこんなおいしいのか謎です。しょうが・酢ベースのたれとの相性が良いのかなぁ。

豚薄切り肉は、いつもしゃぶしゃぶ用の豚肩ロース肉を使っています。お肉を多めに入れたいときは、キャベツの上にすべてを重ねるとお肉同士がかたまってくっついてしまうことがあるので、キャベツと豚肉を少しずつ交互に乗せていく感じにしています。

さっぱりとしていて夏におすすめの一品です。

キャベツと薄切り豚のオイル蒸し
関連記事
レシピを見ないで作るには。有元葉子さんのレシピ本から得たもの

レシピを見ないで作るコツ。有元葉子さんのレシピ本から得たもの

有元葉子さんの『レシピを見ないで作れるようになりましょう。』を読み、実践してみて感じた「レシピを見ないで作るコツ」を、本の内容にも触れながら紹介します。このレシピ本を読んで、有元葉子さん流の生姜焼きを始めとしてお気に入りのレシピがいくつもできたし、自分の料理観が変わりました。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV