ニトリのそばがら枕で寝起きの首こりが完全に解消した

寝起きの肩こり、首こりにはこれまでだいぶ悩まされてきましたが。

以前自作タオル枕の作り方を紹介した後、さらに効果の高い枕を見つけました。あんなに悩んでたのは一体なんだったんだろう? と思うくらい今幸せです。

その枕とはこれ、ニトリのそばがら枕です。

ニトリのそばがら枕
高さ10ヵ所調整できるまくら(そば) ニトリ

昔ながらのそば殻枕というやつで、中にそば殻が入ってます。

価格は 5,000 円くらいして、ニトリなのに高いじゃねーかよおって思うんですがこれが本当に良い。

睡眠関係に悩みを抱えてると数万円とかする超高額な枕とか布団とかマットレスとかにも目がいってしまうし、いろいろ物色してると不思議なことに2万円以内なら安いと思えてくるんですが、そういうのに比べたら全然安いです。

以前の自作タオル枕も良かったんですが、タオルを重ねてるだけなので寝てる間に形が崩れやすいのと、寝る前に毎回形を整えるのが若干めんどくさくて。。

それに、何枚ものバスタオルを洗濯するのがちょっと大変で、積極的には使い続けられないかもと感じていました。

でもこれならちゃんとした枕なので、タオル枕よりも使いやすい!

ニトリのそばがら枕の良いところ
  • しっかりとした硬さがある
  • そば殻の量で高さが調節できる
  • 2枚のウレタンシートで高さが調節できる

私の場合はそのままだと枕が高すぎたので、ウレタンシート2枚は取り外し、そば殻の量を調整してちょうど良い高さにしました。

そば殻が入っている枕本体は複数のセクションに分かれていて、裏側のファスナーからセクションごとにそば殻を出し入れできます。

そばがら枕の裏柄

私は、左右のセクションが高く、中央部が低く感じたので、左右のセクションからそば殻を取り出して中央部に移し入れました。

枕のそば殻

このそば殻枕、実は慣れるまでに二週間くらいかかりました。

最初の2、3日は「かたすぎる!」「頭が痛い!」という感じで寝起き感も悪く、首こり・肩こりも解消されず、この枕も合わないかなーと感じていました。でも新しい枕に慣れるまでは少し時間がかかると読んだことがあるので一ヶ月は使ってみようと使い続けていると。。

一週間くらいで、寝起きの感覚が良くなってきました。

「あ、ちょっと慣れてきたかも」と思って使い続けていたら、二週間後くらいには寝起きの首こり・肩こりが消えていました

このそばがら枕を使い始めてから2ヶ月くらい経ちますが、あんなに悩んでいた首こりのことはもう思い出せないくらい快適。寝起きの首・肩の感覚、こりのなさ、体の調子も、自作タオル枕よりも良い感じです。

自作タオル枕を使ったときは一晩で首こりの改善が感じられたので、良い枕なら一晩でわかるものだという先入観がありましたが、そうじゃないこともあるんですね。

それから、不思議なことに寝起き以外の肩こりも解消されました。これは期待してなかったんだけどありがたすぎる効果。寝起き以外の肩こりというのは、ずっとデスクワークをしてると感じるような、よくある肩こりのことです。

若い頃この肩こりに悩まされて骨盤矯正サロンに通い(勧誘されて通わされ)、肩痛を悪化させたこともある身からすると、え、この枕で寝るだけで普段の肩こりも治っちゃうの? いいの? なんなの? っていう感じです。

ニトリには他に安い枕もありますが、ニトリの中では高いだけあるなと思いました。1万円以上する枕を買う前に、ぜひ試してほしいです。

この枕に目をつけたのは、ある老舗旅館に泊まったときに用意されていたそば殻枕がきっかけでした。そば殻枕ってたぶんそれまで使ったことがなくて、あれ、この枕けっこう寝心地良いかも、と感じながら一晩寝てみるとなんだか首がすっきり。一晩だけじゃ確信は持てないけど、こういう枕が実は良いのかも...? となんとなく思ったことでそば殻枕を探すようになりました。

そば殻枕もいろいろ売っていていろいろ見てみましたが、ニトリのこの枕は高さが調節できるのが良さそうだと思って試しに購入。結果、めちゃくちゃ良かったです。

そば殻枕を使ってみると、その硬さやフラットさが、自作タオル枕を考案された整形外科医の先生が主張する「寝返りが打ちやすい良い枕」のポイントと共通するので、首こり解消に効果があるのも納得です。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV