スペイン語で受講したDMM英会話の講師10名紹介

スペイン語で受講したDMM英会話の講師10名紹介

私はスペイン語のオンラインレッスンとしてDMM英会話を利用していました。スペイン語ネイティブ講師が所属しているので、頼めばスペイン語でレッスンしてくれるのです。

DMM英会話は1ヶ月数千円毎日25分話せる環境が得られるので、スペイン語レッスンで考えれば圧倒的なコスパです。文法説明はしてもらえないので、ある程度会話が続くような人向けではあります。

今回は、これまでに私がスペイン語レッスンをお願いしたDMM英会話の講師をご紹介しようと思います。主に中南米の講師です。どの講師も快くスペイン語レッスンを了承してくれましたよー。

DMM英会話でスペイン語ってどうなの? という方はこちらの記事からどうぞ。
スペイン語レッスンにDMM英会話を使うべき理由

目次

Homar(ホマー) メキシコ

非常に感じの良い講師で、一番多く指名したと思います。DMMの写真描写教材を使ったレッスンが抜群に良いです。写真からどのようなことが言えるか、どのように話を膨らませれば良いか、すごくよくアドバイスしてくれます。

こちらの言うことがなくなると、質問しながら引き出してくれます。レッスンを重ねるうちに、写真描写のコツが分かってきます。

DELEでは面接で写真を描写する課題があるので、その対策としてレッスンをお願いしていました。写真描写教材についてはこちらの記事で特徴・予習方法などをまとめているのでよければ参考にしてください。

スペイン語オンラインレッスンおすすめ教材【DMM英会話の写真描写】予習の方法

スペイン語オンラインレッスンおすすめ教材【DMM英会話の写真描写】予習の方法

オンラインレッスンでよく使っていた教材と、予習の方法をご紹介します。今回ご紹介するのは、DMM 英会話の写真描写。

また、DMMの会話教材を使ったレッスンもよかったです。私は、英語で書かれている文章を自分なりにスペイン語に訳しながらロールプレイングをしました。

教材は、ページ右上の地球マークを押せば別の言語に翻訳できる仕様になっています。スペイン語を選べば教材の内容もスペイン語で表示されるので、この翻訳を使って話す練習をしても良いと思います。

Deniss(デニス) グアテマラ

若くて感じが良く、よく喋り、こちらにもよく喋らせようとしてくれる講師です。

写真描写、フリートークのレッスンをよく依頼しました。どんなテーマでも話をすごく膨らませてくれ、楽しく会話ができます。

講師と受講者の話すバランスが絶妙。教材の写真描写をやったあと時間が余ったときに、自分の手持ちの写真を出してきて次はこれを説明してみて〜と言ってくれたり。

空いてればすぐに押さえたい講師でしたが、あまり開講していないのでレッスン予約が取りにくかったです。スペイン語レッスン希望者にもおそらくすごく人気。

一度レッスンで、「今日あなたで5回目のレッスンだけど、全部スペイン語のレッスンだった(笑)」と言ってました。

グアテマラのスペイン語なので聞き取りやすいです。

Jair(ジェイル) メキシコ

写真がちょっとこわそうな雰囲気で、最初予約するときはどうかな〜と若干不安だったのですが、レッスンは写真の雰囲気とは大違い!笑

すごく楽しく進みます。写真描写をよく希望しました。優しくアドバイスしてくれます。

Esau(エサウ) メキシコ

真面目で穏やかな、優しい講師です。教材(写真描写・会話)を使ってレッスンをしました。

楽しく明るくという感じというよりは、終始落ち着いて穏やかにレッスンが進む感じです。テンションが高すぎる講師は苦手だなという場合にすごくおすすめです。

Lalo(ラロ) メキシコ

英会話は分かりませんが、スペイン語で話すとザ・メキシカンな雰囲気の先生だなという印象。

教材(写真描写・会話)、フリートークのレッスンをよくお願いしました。
会話教材のロールプレイングをしっかりやってくれます。

Aleja(アレヤ) コロンビア

とっても元気の良い、先生らしい先生です。

「じゃあ、今回はこれを目指してレッスンしていきましょう!」「次はこれをやりましょう!」みたいに、学校の教室で行われる授業のような進め方で、こちらもシャキッとします。

写真描写・フリートークのレッスンをお願いしました。フリートークでも結構話が弾むし、話すことが好きそうな先生で楽しいです。

Mogo(モゴ) メキシコ

英会話のほうで超人気講師のようでほとんど予約が空いていないのですが、一度だけ取れたことがあります。写真描写をお願いしました。

フィードバックをノートにメモしながらレッスンしてくれる丁寧な先生。レッスンの最後にノートを見ながらいろいろフィードバックしてくれます。

まぁ、これは、おぉ〜ってなりますよね。超人気講師という理由がわかります。

スペイン語レッスンを依頼したらちょっと驚いていた雰囲気だったので、あまり慣れてないのかもしれません(たぶん英会話のほうで予約がすぐ埋まるから?)。

Dhani(ダニ) コロンビア

一度だけレッスンしました。スペイン語はほぼネイティブスピード。スパニッシモなどのゆっくりしたスペイン語に慣れているとだいぶ速く感じます。

スピードが速かったからちょっと聞き取りが難しかったけど、すごく良い感じの講師。スペイン語でレッスンを受けてくれる人がいるなんて自分の母国語だしうれしい! っていう雰囲気が出ているのを感じました。いろいろお話できました。

Miguel(ミゲル) メキシコ

真面目で静かな感じの講師です。スペイン語はとても綺麗で、聞き取りやすい。

ただ私の場合フリートークをお願いしたときに話があまりふくらまず、最後の方がちょっとつらかったです。。まぁ話題をあんまり用意してなかった私も悪いんですが。

レッスン予約する場合は、何をやりたいのかを受講者側で明確にしてお願いしたほうが良いかなと思います。

教材を選んでおけば、教材に沿って真面目にしっかりやってくれるので良いと思います。時間が余ったときに、向こうから何か提案してくれたり話してくれたりする感じではなかったです。

Yur(ユール) コスタリカ

レッスンそのものは良かったのですが、私にとっては結構クセのあるスペイン語に聞こえてちょっと聞き取りが難しかったです。グアテマラ講師のようなニュートラルなスペイン語に慣れていると、すごく違いを感じました。

以前コスタリカに行ったときも人によってスペイン語が聞き取りやすかったりすごく聞き取りにくかったり、クセが大きいなと感じたので、住む地方の問題かもしれません。リスニングという意味では、DELE B2以上の上級者向けかもと思いました。

また、レッスンでは受講者(私)に対して usted でした。usted で呼ばれたことはレッスンの中でも日常生活でも一度もなかったのですごくびっくり!

講師の地元では相手を usted で呼ぶのが普通とのことでした。

usted は慣れないので tú で話してほしいと伝えましたが tú だと慣れないの〜とのことで結局9割くらいは usted 扱いに。

でも最後のフィードバックでは tú でメッセージをくれたので、ちょっとうれしくなりました(いっちょまえに tú と usted の距離感に敏感になっているw)。

まとめ:DMMはスペイン語ネイティブが多数所属! 積極活用していこう

DMMはやっぱり所属講師の豊富さが魅力ですね。

今回紹介した以外にも、スペイン語ネイティブの講師はたくさんいます。たくさんいるということは自分に合う講師が見つかる確率が上がるということなので、講師の豊富さはやっぱり重要だなと思います。

もしまだDMM英会話を試したことがない方は、ぜひ無料体験を試してみてください。

DMM英会話 公式サイト

無料で2回体験レッスンが受けられます。

国籍を絞って講師検索ができるので、いろんな国籍のいろんなスペイン語に触れられるのもメリットです。DMM英会話をスペイン語レッスンとして活用すべき理由や私が受講した感想は、こちらの記事にまとめています。
DMM英会話を使うべき理由【超コスパ良し】

DMM英会話を含めてオンラインレッスンを比較したい方はこちらをどうぞ。
スペイン語オンラインレッスン比較。選び方とおすすめサービス

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV