スペイン語オンラインレッスンってどうなの? レッスンの流れと1年受講した感想

スペイン語オンラインレッスンを1年受講した感想

スペイン語を始めてもうすぐ2年になります。

これまでスペイン語のオンラインレッスンは、休みをはさみながら合計1年ほど利用しました。

この記事では、スペイン語のオンラインレッスンを受けようか迷っている方、レッスンがどんな感じかを知りたい方に向けて、自分の経験をもとに紹介しようと思います。

目次

スペイン語オンラインレッスンってどんなもの?

Skype などのインターネットテレビ電話を使って、世界各国にいるスペイン語ネイティブからレッスンを受けられるというものです。

オンラインレッスンのメリット

  • 安い
  • マンツーマン
  • 好きな時間帯に受けられる
  • 自宅など好きな場所で受けられる
  • いろんな講師と話せる

1レッスンだいたい25分50分
25分でだいたい500円〜1,000円くらいの価格です。オンラインじゃないスペイン語教室に習いに行くより圧倒的に安いです。しかもマンツーマンであることを考えると格安です。個人的には、語学学習におけるレッスンではマンツーマンが一番効果が出やすいと思っています。

用意するもの

  • パソコン(タブレット・スマホ)
  • Skype で通話するためのカメラ、マイク(カメラはなくても可)
  • インターネット環境

これだけ。

予約時間になると講師から Skype のコールが鳴り、決められた時間レッスンを受けます。

講師の国籍は各社いろいろですが、スペイン、グアテマラ、メキシコの講師が多い印象です。

自分にレッスンが合うか分からないなーという場合、どの会社も体験レッスンを提供しているので、一度試してみると良いと思います。

私が実際に試したオンラインレッスン

体験レッスンを含め、以下のサービスを利用しました。

  • スパニッシモ
  • スパニッシュオンライン
  • DMM 英会話
  • カフェトーク

スパニッシモとスパニッシュオンラインは、スペイン語専門のオンラインレッスンです。所属講師の多くがグアテマラ出身です。

DMM英会話はその名の通り、英会話のオンラインレッスン。なんですが、世界118か国の講師が所属しているので、その中のスペイン語ネイティブ講師とスペイン語で会話するということができてしまいます。
特に会話練習を積みたい方にはめちゃくちゃおすすめ。詳細はこちらの記事をどうぞ。
DMM英会話でスペイン語会話レッスン【超コスパ良し】特徴とおすすめの理由

カフェトークはスペイン語に限らないあらゆるレッスンの提供サービスで、講師が自分のレッスンをカフェトークに掲載し、生徒が申し込んでレッスンを受ける、という形式のものです。他のサービスと違い、講師が各自設定した料金と時間でレッスンを提供します。

各サービスの詳細比較記事はこちら。

スペイン語オンラインレッスン比較。選び方とおすすめサービス

スペイン語オンラインレッスン比較。選び方とおすすめサービス

スペイン語を始めてもうすぐ2年になりますが、日常会話は不便のない程度に、またスペイン語で大学の授業を聴講してまぁまぁ理解できる程度には上達しました。 この記事では、私がこれまでに活用したスペイン語のオンラインレッスンを各社比較しながら、選び方と合わせて紹介していこうと思います。

レッスンの流れ

各社で異なる部分もありますが、流れはだいたいこんな感じです。

1. 都合の良い時間、講師を選んで予約

講師とスケジュールが一覧できる予約ページが用意されているので、そこから予約します。
このとき、レッスンで何がやりたいかを入力して講師に自分の希望を伝えます

都合が悪くなったら、キャンセル期限内にキャンセルすればOK。期限を過ぎると、1回分のレッスンが消費されます。

2. 予約時間に、Skype がかかってくる

日本人向けサービスだからか、時間はきっちりしています。ちゃんと予約時間にかかってくるかなぁ... という心配は不要。なので、予約時間の1分前までには自分も Skype を開いて待ちます。

コールは遅れても2, 3分くらい。講師の時計が微妙にずれてるか、トイレに行ってるとか前の授業がちょっと長引いたとかそんな感じです。

講師に当日ドタキャンされるということはほとんどありませんが、ごくまれにありました。その場合は事前通知があり、1回分のレッスンが追加されます。

3. ¿Cómo estás? から会話が始まる

その講師との最初のレッスンでは自己紹介から始まりますが、2回目以降ではもう100%、¿Cómo estás? と聞かれます

Bien, ¿y tú? で終わらせることもできますが、最近あった出来事などをこちらが話すと会話が続くので、ここで何を話すかはある程度考えておいた方がレッスンの入りがスムーズです。

4. レッスン

予約時に入力した「自分がやりたいこと」に基づいてレッスンが進みます。

ただ私の経験上、カフェトーク以外は講師がその希望を事前に読んでいるということはほとんどなく、レッスン中に講師が希望を読みながら「今日はこれがやりたいのね」みたいな感じでレッスンに入ります。

たまに、¿Cómo estás? で聞かれた最近の出来事の話が盛り上がり、メインのレッスン時間が残りわずか(もしくは全然ない)ということもあります。講師の性格やスタイルによる部分も大きいかも。

なのでそのレッスン内でどうしても自分のやりたいことがある場合は、それを自分から主張していく必要があります。

5. 授業後のフィードバック

これは、フィードバックがある会社とない会社があります。また、あっても定型文が送られてくるだけみたいなのもあります。

なので役に立ったり立たなかったりですが、役に立つ場合は復習に使います。

私が受講したときのレッスンの目的

私は以下の目的でオンラインレッスンを利用しました。

  • DELE 受験対策/面接
  • DELE 受験対策/作文
  • とりあえず会話の機会がほしい
  • 特定のテーマについて議論したい
  • 自由作文の添削をしてほしい
  • スピーキング力を向上させたい

それぞれの目的にあった会社を選ぶことで、だいたい達成できました

オンラインレッスンを受講した感想と、注意点

オンラインレッスン、受講して良かったです
「役に立たなかった」ということはない。

ただ、効果を上げるには以下の点が非常に重要だと感じました。

  • レッスン受講の目的を明確にすること
  • 予習(・復習)の時間を取ること

まずは受講の目的ですね。これがないとモチベーションが続きません。オンラインレッスンだからボタン1つですぐにキャンセルできちゃうし。

予習・復習も、目的に付随します。
レッスンで目的を達成するために予習し、忘れないように復習する(私は予習主義者なので、基本的には予習オンリーです)。レッスン時間の25分 or 50分だけではあまり伸びない気がします。

また、オンラインレッスンの注意点としては以下でしょうか。

  • レッスンは自分主体なので、自分でやりたいことを決めて学習を進められない人には向かない
  • 初学者は、会話が続かなくて辛いこともある
  • 良い講師に巡り会えるまでには多少時間が必要(何人かを試す必要がある)
  • インターネット接続が不安定だと、会話ストレスがある

ただまぁ一ヶ月単位で辞めることもできるし、とりあえず試してみて合わなかったら辞めるくらいの感じで良い気がします。

迷ったらとりあえず体験レッスンに申し込もう

迷っている方はとりあえず体験レッスンに申し込むのが一番良いと思います! 無料体験はぜひ活用しましょう。

どんなオンラインレッスンがあるかについてはこちらの記事で紹介しています。

スペイン語オンラインレッスン比較。選び方とおすすめサービス

スペイン語オンラインレッスン比較。選び方とおすすめサービス

スペイン語を始めてもうすぐ2年になりますが、日常会話は不便のない程度に、またスペイン語で大学の授業を聴講してまぁまぁ理解できる程度には上達しました。 この記事では、私がこれまでに活用したスペイン語のオンラインレッスンを各社比較しながら、選び方と合わせて紹介していこうと思います。

一度体験してしまえばハードルも低くなり、他の会社もどんどん体験したくなると思います。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV