コーン茶をカルディで発見!おいしくて夏に最高

うちの近所の韓国料理屋さんでは、お冷の代わりにコーン茶が出てきます。しかもジョッキのような大きなグラスにたっぷりと。

冷たく冷えたコーン茶っておいしいんですよね~。

家でもコーン茶が飲みたいなぁとずっと思っていましたが、最寄りのスーパーには置いておらず。先日カルディで見つけ、ようやく買うことができました。

カルディで買ったとうもろこしひげ入りコーン茶(シャイン・オリエンタル・トレーディング)

Amazon とか楽天にも売ってるので、買おうと思えばすぐ買えます。

カルディのコーン茶は、とうもろこしの実+ひげ

コーン茶にはとうもろこしの「」を使用したものと、「ひげ」の部分を使用したものがあり、味わいが異なるそう。

  • 「実」… クセがなくて甘い
  • 「ひげ」… 少し苦みとクセがある

カルディに売っていたこちらは、「実」と「ひげ」がブレンドされているものでした。

カルディで見つけたコーン茶

味は、おいしい~!

水出しとお湯出しで味の出方が少し異なりますが、どちらもコーン茶のほんのりとした甘さと香ばしさがちゃんとあります。苦味とかクセはありません。

韓国料理店で飲んでいるものとかなり近い味で、期待通りでした。

コーン茶

コーン茶の水出しとお湯出しの違い

コーン茶のティーバッグは、水出しとお湯出しの両方できるものがほとんどだと思います。

コーン茶の水出し・お湯出し方法

カルディで買ったこちらのコーン茶は、水出しであれば水1Lに対してティーバッグ1袋、冷蔵庫で1~2時間。

お湯出しであれば、沸騰したお湯1Lにティーバッグ1袋、15分後に取り出すことになっています。

両方試してみて、私が感じた味の違いは以下。

  • 水出しのほうが味がすっきり(やや薄味)
  • お湯出しのほうが、甘さ・香ばしさが強め(味がしっかり)

うちのお茶用ボトルは1.4Lくらい入るんですが、水1.4Lでティーバッグ1袋を水出しすると味が薄かったです。2袋入れれば、しっかりと味と風味が出ました。でも1.4Lに2袋使うのがもったいないんだよなぁ。笑

お湯出しであれば、水1.4Lに対してもティーバッグ1袋で甘さ・香ばしさを感じられ、おいしく入りました。

でもコーン茶は冷たいのがおいしい! 特に夏は。

というわけで、私は

お湯出ししたものを冷やして飲む

のが好みです。

ティーバッグはこんな感じで5バッグずつビニール袋に小分けされています。

コーン茶のティーバッグ

ビニール袋を開けるだけで、コーン茶の良い香りが漂ってきます。

これまでは夏には麦茶ばかりでしたが、最近は麦茶、冷たい緑茶、コーン茶をローテーションしながら飲んでいます。

コーン茶はノンカフェインでカロリー0

コーン茶ってカロリーないんですね~。

コーン茶のカロリー表示

カロリーゼロで、この甘さと香ばしさがあるのは良いですね。

麦茶もカロリーはほとんどないと思いますが、麦茶にはほんのりした甘さはないので、私はコーン茶のほうが好き。

とはいえ毎日であれば何でも飽きるので、麦茶や緑茶とのローテーションが良い感じです。

カフェインも入ってません。

カフェインやカロリーが気になる方、夏の麦茶が飽きた方は、ぜひ。

こちらのコーン茶も人気があるようです。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV