Bloggerで固定ページを作成する方法

Bloggerで固定ページを作成する方法

Bloggerで固定ページを作成する方法

Blogger では、ブログに固定ページを作成することができます。

固定ページは一般的に、

  • お問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ・記事一覧
  • プロフィールページ

として利用されることが多いですね。

固定ページは投稿記事とは違って、投稿日や更新日は表示されません。

新着記事一覧にも出てこないので、投稿記事とは別扱いにすることができます。

この記事では Blogger でブログを始めたばかりの方向けに、Blogger ブログでの固定ページの作り方を紹介します。

目次

固定ページの作成方法

固定ページの作成方法を順を追って説明します。

固定ページを新規に作成

管理画面サイドバーの「ページ」をクリックし、「+新しいページ」を選択。

管理画面サイドバーの「ページ」をクリックし、「+新しいページ」を選択。

タイトルを英字で入力して、一旦公開する。

タイトルを英字で入力して、一旦公開

公開しても、まだブログには表示されないので心配いりません。

一般的なページの英字は以下になると思います。適宜参考にしてください。

お問い合わせ:contact
プライバシーポリシー:privacy, privacy-policy
プロフィール:about, profile
サイトマップ:sitemap

その後、「お問い合わせ」など本来のページタイトルに修正。

その後、「お問い合わせ」など本来のページタイトルに修正

このような手順を踏む理由は、最初に入力したタイトルがページの URL(パーマリンク)になるためです。このとき日本語だと反映されないので、英字で入力する必要があります。

たとえば contact とタイトルに入力して公開すると、次のような URL になります。

タイトル:contact
URL:https://www.limosuki.com/p/contact.html

ここで「お問い合わせ」と日本語を入力すると、次のような URL になります。

タイトル:お問い合わせ
URL:https://www.limosuki.com/p/blog-page.html

日本語はどんな単語を入力しても blog-page になります。すでに blog-page がある場合は、blog-page_1 のように末尾に数字が振られます。

URL が blog-page だと、どんなページなのかわかりにくいですよね。なので、タイトルに英字を入力して URL を指定するのがおすすめです。URL が blog-page でも良い場合は、最初から日本語でタイトルを入力して構いません。

一度設定されたページの URL は、あとから変更することができません。変更したい場合は、一度ページを削除して新たにページを作成してくださいな。

コンテンツと設定欄を入力

ページのコンテンツを入力。

コンテンツは、投稿記事と同じように書いていけば OK です。

「作成」モードと「HTML」モードがあるので、使いやすいほうで入力してください。

コンテンツを入力

検索向けの説明を入力。

右側の「検索向け説明」欄に、ページの説明を入力します。

右側の「検索向け説明」欄に、ページの説明を入力

コメント欄の有無を設定。

コメント欄の有無を選択できます。右側の「オプション」から、許可する・許可しないを設定してください。

お問い合わせフォームやプライバシーポリシーは、一般的にコメント欄は不要ですね。

コメント欄の有無を設定

ページを更新

ページができたら、更新ボタンを押します。

ページを更新

固定ページの作成はこれで完了です。

ページ一覧で表示される目のアイコンを押して、ページ表示や URL がきちんと設定されているかを確認してください。

目のボタン

ページへのリンクを設置する

固定ページを作成しただけだと、ページが孤立しています。どこからもそのページにいけない状態です。

そこで、固定ページへの導線リンクをトップページ等に貼る必要があります。

どのテンプレートも、たいていレイアウトにページガジェットリンクリストが組み込まれていると思うので、そこに追加するのが一番簡単です。

JetTheme と QooQ での追加手順をあげておきます。

JetTheme の場合

JetTheme の場合は、管理画面の「レイアウト」→「Header」の右端「Menu」の鉛筆アイコンをクリック。

JetTheme の場合は、「レイアウト」→「Header」の右端「Menu」を編集

「新しいアイテムを追加」をクリックして、ページタイトルと URL を入力します。URL は、ドメイン以降の部分だけを入力すれば OK です。

【例】URL:https://www.limosuki.com/p/contact.html
入力内容:/p/contact.html

URL は、ドメイン以下の部分だけを入力すれば OK

ガジェットの入力が完了したら保存をして、ブログにリンクがきちんと設定されているか確認してください。

JetTheme の場合は、デフォルトだとこんな感じでロゴの横にリンクリストが表示されます。

JetThemeのリンクリストイメージ

QooQ の場合

QooQ の場合は、「レイアウト」→最上部の「ナビゲーション」内の「ページ」ガジェットを編集。

QooQ の場合は、「レイアウト」→最上部の「ナビゲーション」内の「ページガジェット」を編集

「新しいアイテムを追加」をクリック。

「新しいアイテムを追加」をクリックして、ページタイトルと URL を入力

ページタイトルと URL(ドメイン以降の部分)を入力します。

入力完了後、リンクを確認しましょう。

QooQ の場合は、ブログタイトルの上に表示されます。

QooQのリンクリストイメージ

サイドバーやフッターにリンクを設置したい場合

サイドバーやフッターにリンクを設置したい場合は、自分でガジェットを追加します。テンプレートにあらかじめガジェットが組み込まれていない場合も、こちらの手順でガジェットを追加してください。

「レイアウト」から、リンクを設置したい場所で「ガジェットを追加」をクリック。

ガジェットを追加

「ページ」か「リンクリスト」のガジェットを選択します。

ガジェットを選択

どちらも機能はほぼ同じなので、どちらを選んでもほとんど変わりません。「ページ」はブログ内のページを設定する想定、「リンクリスト」はブログ内外のサイトを設定する想定のようです。私はいつも「リンクリスト」のほうを使っています。

ガジェットを追加したら、「新しいアイテムを追加」してリンクを設定していけば OK です。

下の画像は QooQ で設定した例ですが、「ページ」も「リンクリスト」も見た目はほぼ一緒です。「ページ」は設定時にブログ内のページが自動で候補に上がるので、ちょっと設定しやすいかもしれません。

ページとリンクリストの見た目

以上で、固定ページの作成と導線リンクの設置は終了です。

お疲れさまでした!

関連記事

当ブログの固定ページは、こちらの記事一覧から確認できます。よろしければ参考にどうぞ。

記事一覧

上記の記事一覧は、全投稿記事を一覧で表示するスクリプトを利用しています。参考サイトはこちら。

記事一覧(サイトマップ)のカスタマイズ

当ブログのお問い合わせフォームは、Google フォームをカスタマイズして設置しています。カスタマイズ方法はこちらの記事にまとめています。

Google フォームのデザイン・完了ページをカスタマイズ

こちらの記事もよく読まれています
ブログを1カラムに変更した理由と、変更した結果(直帰率・平均ページ滞在時間)

ブログを1カラムに変更した理由と、変更した結果(直帰率・平均ページ滞在時間)

ブログのレイアウトを2カラムから1カラムに変更しました。この記事ではレイアウトの変更理由と、その結果直帰率がどうなったかなどを紹介したいと思います。

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV