ウシュマル遺跡訪問記(1)行き方、ツアー、ガイド

ウシュマル遺跡訪問記(1)行き方、ツアー、ガイド

メキシコ、ユカタン州にあるマヤ遺跡ウシュマルに行ってきました。

見どころはプウク様式と呼ばれる技巧が凝らされた建築装飾と、繰り返し現れる雨の神チャック、そして珍しい楕円形のピラミッドでしょうか。

1996年に世界遺産に登録されています。

訪問日:2019年12月

目次

ウシュマル遺跡とは

三度に渡って建てられた(都市)」(Tres veces construida)として知られる遺跡ウシュマル。ユカタン州の州都メリダから南に約80km、鬱蒼とした森の中に位置しています。7世紀頃に創設され、建造物の多くは700年から1000年の間に建てられたものだそう。チチェン・イッツァと同時代の都市であり、当初は同盟を組んでいたものの後になって対立したと言われています。

ウシュマルは、プウク様式と称される建造物が築かれた最も代表的な都市でした。

プウク様式(尼僧院)

プウク様式とは、建物下部を切石の積み上げにより構成し、その上部を、彫刻を施した石の組み合わせで装飾するマヤの建築様式。その最も主要なモチーフが雨の神チャックです。

写真左側、建物の角の部分に縦に連なっているのがチャック神

この地域には川もセノーテ(泉)もなく、日々の生活用水は雨水が頼りだったそうです。雨信仰がいかに強かったかが感じ取れます。

プウクPuuc)とはもともとマヤ語で「丘陵」を意味し、ユカタン州南東部からカンペチェ州北東部の丘陵地帯をそのように呼んでいたようです。そしてその周辺地域に特徴的な建造物がプウク様式と呼ばれるようになりました。

プウク様式が特徴の遺跡はウシュマルの他にカバーサイルが挙げられます。ウシュマルの建造物は装飾を含め保存状態が良かったようで、かなりしっかりと修復されています。
(魔法使いのピラミッドは、修復がきれいすぎる気がしないでもないですが)

1996年、メキシコで13番目に世界遺産に登録されました。

行き方

ウシュマル観光の拠点はメリダ。ウシュマルまで車で約1時間半ほどです。公共バスを使うか、ツアーを利用するかのいずれかになると思います。ただ私たちは結局いずれも使わず、レンタカーで回りました。

バス

メリダのバスターミナル Terminal de Autobuses de Mérida (TAME) からウシュマル行きのバスが出ているようです(バスターミナル地図)。なんだかすごく新しいバスターミナルのよう。

また日曜日のみ、ウシュマルを含めた周辺遺跡を回るツアーバスが出ているようです。確か朝8時に上記バスターミナル発、170ペソほどだったと思います。
ソカロ向かいにある州庁舎内の観光案内所(地図)で詳細を教えてもらえます。

ツアー

さて私たちはもともとウシュマルとカバー遺跡をセットで回るツアーを探していました。そんなツアーがあると地球の歩き方に書いてあったので…。で、観光前日にソカロ周辺でツアー会社を3軒ほど回ってみたのですが、2つがセットになったツアーはありませんでした。

ソカロ周辺のツアー会社が出しているのはどれも同じで、以下コースで1000ペソのツアー。

  • セノーテ遊泳
  • ウシュマル遺跡見学
  • チョコレート工場見学
  • 夕食
  • ウシュマル遺跡ライトアップショー

朝11時出発で、夜22〜23時ホテル着。長時間ツアーです。そして、ツアー料金1000ペソには遺跡への入場料が含まれていないため、合計金額はかなり高くなります(ウシュマルの入場料が高いため)。ツアー会社のうち1つは800ペソまで下がったので、価格交渉の余地はあるかもしれません。

セノーテやチョコレート工場、ライトアップショーにはあまり興味がなかったし、遺跡をしっかり見たかったため、結局レンタカーを借りて回ることにしました。

レンタカーは24時間で2000ペソほどだったと思います。

遺跡料金、ガイド(2019年版)

ウシュマル遺跡 Zona Arqueológica de Uxmal
https://www.inah.gob.mx/zonas/110-zona-arqueologica-de-uxmal
入場料(外国人):413ペソ

メキシコ国内遺跡共通の入場料75ペソに加え、ユカタン州が徴収する入場料が338ペソするので、他のメキシコ遺跡よりお高くなっています。

ガイドは入口にあるガイド受付カウンターで申し込み可能です。
スペイン語700ペソ、英語ほか外国語が800ペソ。オフィシャル価格のようだったので値下げ交渉はせず。スペイン語ガイドを頼みました。

次の記事で、ウシュマル遺跡の様子をご紹介します。
ウシュマル遺跡訪問記(2)素晴らしい装飾の遺跡

記事へのコメント・ご質問は こちら まで
NEXT PREV